お知らせ
「最近は京都関係の記事が無い。”京都日めくり”をヤメてしまったのか。」と、お叱りを受けそうですが、これは、新型コロナによる観光自粛によって京都に出かけることを控えているため記事が書けないのです。コロナ収束により再開しますので、今しばらくお待ち下さい。
最新の記事
●2021.1/19 【山】八ヶ岳「厳冬期の根石岳と天狗岳」その1

正月の2日から3日にかけて、厳冬期の八ヶ岳で過ごしました。折からの荒天で山行は苦労しましたが、根石岳山荘は暖房多く、居心地の良い山小屋でした。今回は半ば修行のような登山でしたが、東天狗までピークを踏めて満足です。(ヒデ君レポートです。Zaucats代筆。)


桜平の登山口ゲートです。左の黒い車でJR茅野駅からここまで送ってもらいました。夏沢鉱泉グループ(硫黄岳山荘、根石岳山荘)に宿泊する場合、このサービスが利用できるので助かります。

photo.jpg

photo.jpg

オーレン小屋に到着しました。ここまでゲートを出発して1時間少し。なお小屋は冬季休業中です。

オーレン小屋の入り口にはしめ飾り。「本年度もご利用頂きありがとうございました。来年度も宜しくお願い致します。安全登山を無事下山をお祈りします。来年度女性アルバイト募集。雇用保険有。3年目ネパール研修旅行。南側に冬季小屋あります。」とシャッターに書かれています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 八ヶ岳「厳冬期の根石岳と天狗岳」その1 を追加しました。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたらクリックをお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ
絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2021.1/14 【遠州東海】「井伊谷宮 2021年 初詣」

三岳山に登り、宗良親王ゆかりの三岳城址を見学したあと、井伊谷宮に立ち寄り参拝しました。初詣です。

コロナ禍の中ですので、正月3日としてはかなり参拝者が少ないと思います。昨年までだと行列ができるのですが、今日は待たずに参拝できました。全員マスク。

参拝が終わって境内を眺めていたところ本堂右手に新築の建物を発見。さっそく見学することにします。地元の天竜杉をふんだんに使用した建物です。

photo.jpg

photo.jpg

中に入ると博物館のような展示が。一階は資料館、宗良親王にゆかりの品が展示されています。なお、この新築された建物の名称を一般公募中でしたので、一票投じてきました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 「井伊谷宮 2021年 初詣」 を追加しました。



●2021.1/8 【山】2021年初登り「三岳山と三岳城址」

浜松市引佐町の「三岳山」に初登りしました。標高467mと低山ですが、山頂に国指定遺跡「三岳城址」があります。

三岳城(みたけじょう)は、南北朝時代、井伊道政によって山頂に築かれた山城です。南朝方の宗良親王を迎えました。

三岳山に登山する場合、最寄りの登山口は三岳神社の駐車場です。引佐の市街地から駐車場へ舗装された林道を車で進みます。公共交通機関はありません。

photo.jpg

photo.jpg

神社の前の駐車場を左に進むと登山口、ここから山道です。三岳城跡まで20分の登りです。稜線に出るまでずっと急勾配の登りが続きます。

山頂は広場になっていて、ここは三岳城の本丸(一の城)があった場所です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 2021年初登り「三岳山と三岳城址」 を追加しました。



●2021.1/4 【京都グルメ】「熊魚菴たん熊北店」お正月の「お煮しめ」

たん熊のおせち料理は何種類かありますが、この「お煮しめ」(¥9,800 税別)は、根菜の炊合せを中心とした「おせちの簡易セット」です。

その分安価で、お手軽の一流料亭のお煮しめを味わうことが出来ます。

お煮しめセットですが巾着や椎茸詰めなども入っています。

photo.jpg

photo.jpg

素材と味付けはたん熊ならではのもの。

なかでも左の「海老と銀杏の巾着」、中央の「車海老煮」、右の「えびすり身の椎茸詰め」は秀逸。煮しめの出汁も上品で、これぞ高級料亭の味でした!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【京都グルメ】のページに 「熊魚菴たん熊北店」お正月の「お煮しめ」 を追加しました。



●2021.1/1  謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

photo.jpg



●2020.12/31  いく年、くる年

旧年中はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

photo.jpg



●2020.12/25 【遠州東海】「瀧峰不動尊」

浜松市の三方原台地の北端は都田川流域にむかって急勾配の崖状になって下ります。この崖の途中にある「瀧峰不動尊」に冬空の下、参拝しました。

場所は、浜松北環状線(金指停車場和地線)の聖隷三方原病院付近、コンビニ「ミニストップ」のある交差点を北に入ってすぐのところにあります。

「鳥居をくぐって階段を登ると神社本殿」という先入観がふっとびました。この神社(寺院)は、鳥居をくぐると急な階段が下に伸びていて、はるか下に神社本殿(寺院本堂)があります。

photo.jpg

photo.jpg

本殿正面の石段右には滝が。この付近で湧き出る清水を集めて枯れることはありません。この滝を使って修験者による願掛けの滝行が行われるのだそうです

。毎年8月の第1日曜日の例大祭の日に見ることができるそうです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 「瀧峰不動尊」 を追加しました。



●2020.12/23 【山】山梨県「雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳から王岳へ」その2

以前残雪期に雪頭ケ岳へピストンで行ったけれど、今回は足を伸ばして王岳まで縦走。気温は低かったけれど、風は弱く穏やかでした。よく晴れていて、富士山と南アルプスを眺めながらの贅沢な縦走を楽しめました。(登山記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)

鬼ヶ岳の山頂で、しばし眺望を楽しみました。そして、、、「一本ツノ」に登ってみました。眺め良し!

北側を眺めます。手前の甲府盆地、そのうしろに、右は奥秩父、中央に八ヶ岳、左に南アルプス、すべて見渡せます!

photo.jpg

photo.jpg

写真は南アルプスから八ヶ岳にかけてを南から北に向かって順に超ズームで。

左は「赤石岳」、右は「悪沢岳」。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 山梨県「雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳から王岳へ」その2 を追加しました。



●2020.12/20 【山】山梨県「雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳から王岳へ」その1

以前残雪期に雪頭ケ岳へピストンで行ったけれど、今回は足を伸ばして王岳まで縦走。気温は低かったけれど、風は弱く穏やかでした。よく晴れていて、富士山と南アルプスを眺めながらの贅沢な縦走を楽しめました。(登山記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)

雪頭ヶ岳を眺めながら駐車場を出発です。まずはあの山頂まで。はじめのうちは平らな林道です。

登山開始からちょうど1時間、尾根に出ます。

photo.jpg

photo.jpg

登山開始から1時間40分、雪頭ヶ岳山頂に到着です。真正面に富士山、冠雪はまだまだですね。目下に西湖。目下に西湖。

次のピーク、鬼ヶ岳へ進みます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 山梨県「雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳から王岳へ」その1 を追加しました。



●2020.12/17 【遠州東海】豊橋のミニ尾瀬「葦毛湿原」

葦毛湿原(いもうしつげん)、愛知県豊橋市の北部郊外に位置する湿原で、ミニ尾瀬と呼ばれる。面積は約5haあり、250種類の植物が自生し四季折々の花を楽しませてくれます。

車でアクセスする場合の最寄りの駐車場は「葦毛湿原第二駐車場」です。木立の中の平坦な道を進むこと5分、ほどなく葦毛湿原の入口に到着です。

湿原に木道が敷かれています。これに沿って散策します。

photo.jpg

photo.jpg

秋は水分が少なく、沼地も乾燥気味。季節的には花の少ない季節だと思いますが、よく探すと色んな花が見つかりました。それらのいくつかをご紹介します。

サワギキョウ(沢桔梗)、花期は8月から9月ですので、やや終わりかけていますね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 【遠州東海】豊橋のミニ尾瀬「葦毛湿原」 を追加しました。



●2020.12/7 【遠州東海グルメ】豊橋市のやまいも料理専門店「ほっとい亭」

愛知県豊橋市北部の郊外、石巻神社の道路向かいのT字路が「石巻山観光道」の入り口です。ここに築40年以上の建物を古民家風にリノベーションして構える山芋料理専門店「ほっとい亭」は、本格的な自然薯(じねんじょ)料理を提供するお店として知る人ぞ知る存在です。

入り口から中へ一歩足を踏み入れると、中はなんと「土間」。土間にはムクのどっしりした木のテーブルが3つ。

そして囲炉裏のある八角形のテーブル。迷わずここに座りました!

photo.jpg

photo.jpg

今回いただいたのは「やまいもむぎとろコース」の「林のコース」(¥2,500)です。中央は前菜三品(だし巻き他二品)、上は「やまいもかば焼き」。

右に「こんにゃくの煮物」そして「やまいもとろろ汁」。味噌汁と香の物が付きます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 【遠州東海グルメ】豊橋市のやまいも料理専門店「ほっとい亭」 を追加しました。



●2020.12/5 【山】湖西連峰「葦毛湿原から座談山へ」

低地ながら貴重な生態系が残る葦毛湿原、ここを起点として座談山を往復しました。 好天に恵まれ、稜線から浜名湖、遠州灘、三河湾を見渡すことができ、冠雪した富士山も見えてラッキーでした。

葦毛湿原は下山したあと、ゆっくり見学することにて、木道から登山道に進みます。

1時間弱で二川TV中継所に到着。そのまま座談山に向かいます。

photo.jpg

photo.jpg

座談山は稜線縦走路から少し入ったところに山頂があるので、山頂でお弁当を広げている賑やかなグループの声が聞こえなかったら気づかずに通り過ぎたかもしれません。

北東側の眺めが素晴らしい! 高圧線の左側のピラミッド型ピークが神石山です。そして、神石山と高圧線の間に白い峰が見えます! ズームすると雪をかぶった富士山!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 湖西連峰「葦毛湿原から座談山へ」 を追加しました。



●2020.12/1 【京都グルメ】「下鴨茶寮のお弁当」にアイテム追加

下鴨茶寮(しもがもさりょう)、創業は1856年、京都の老舗料亭のひとつ。一流料亭の味をお手軽な弁当にまとめたもの。京都、大阪の主要百貨店の食品売り場で購入出来ます。

「とろ湯葉ごはんの素」¥1,080(税込)はお弁当ではありません。本格的な湯葉丼が手軽に作れるキットです。おいしかったので掲載します。高島屋などのデパ地下で購入できます。

ひきあげ湯葉、餡、そしてトッピングの「ぶぶあられ」と「わさび」が1人前づつパッケージされています。

photo.jpg

photo.jpg

湯葉と餡は湯煎ののち、ご飯を盛り付けた丼に流し込めば完成。たいへんお手軽! 湯葉も餡も量が多めですので丼は大きめが良いかと思います(笑)。

こちらは完成写真です。さすが下鴨茶寮、レトルトパックにもかかわらず味は本格的! 「料亭の味」のうたい文句に偽りはありませんでした。あーおいしかった!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【京都】のページに 【京都グルメ】「下鴨茶寮のお弁当」にアイテム を追加しました。



< 続きはバックナンバーをご覧下さい >

Ads by Google

zekkei-s.jpg
1300項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ