お知らせ
「最近は京都関係の記事が無い。”京都日めくり”をヤメてしまったのか。」と、お叱りを受けそうですが、これは、新型コロナによる観光自粛によって京都に出かけることを控えているため記事が書けないのです。コロナ収束により再開しますので、今しばらくお待ち下さい。
最新の記事
●2021.7/23 【海外旅行】思い出の「香港・マカオ旅行」その3 香港観光

我が家と姉夫婦家族、2家族で総勢7名の香港・マカオツアー、思い出の写真集です。実際に旅行した年は2011年。10年経過しての作成には訳があります。最大の理由は旅行中に発生した大災害、東日本大震災です。香港旅行中にこの悲報を知ることになったのです。帰国後は災害の経過を見守る毎日、旅行記を作成する気にはなれませんでした。


映月楼にほど近いとことに最近オープンした「1881ヘリテージ」にやってきました。ここはもと香港水上警察の本部だったところ。ホテル、高級ブティック、レストランの入った施設 2009年11月11日にオープン。建物の内部は五つ星高級ホテル、あるいは高級ブティックのショッピングモールとして使われています。

photo.jpg

photo.jpg

百万ドルの夜景を満喫できるナイトツアー「ヨクバリ・夜景ハンター」に出発です。ホテル前までバスがお迎え。17時30分、いざ出発! ガイドさんは日本語が達者です。

夜景見物に先立ち「ワンポア・グルメプレイス」(Whampoa Gourmet Place 黄埔美食坊)でお腹を満たしたあと、フェリーで対岸に渡るためハーバーシティに向かいます。スター・フェリーの埠頭に到着しました。すばらしいながめ!!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【海外旅行】のページに 思い出の「香港・マカオ旅行」その3 香港観光 を追加しました。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたらクリックをお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ
絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2021.7/22 【海外旅行】思い出の「香港・マカオ旅行」その2 香港観光

我が家と姉夫婦家族、2家族で総勢7名の香港・マカオツアー、思い出の写真集です。実際に旅行した年は2011年。10年経過しての作成には訳があります。最大の理由は旅行中に発生した大災害、東日本大震災です。香港旅行中にこの悲報を知ることになったのです。帰国後は災害の経過を見守る毎日、旅行記を作成する気にはなれませんでした。


豪華な朝食でお腹を満たし、いよいよ観光のため街に繰り出します。最初はホテルから近いヴィクトリア・ハーバーへ。九龍と香港島の間は海峡です。この海沿いに遊歩道が作られています。名付けて「アベニュー・オブ・スターズ Avenue of Stars」。超高層ビル群を眺めることが出来る絶好のポイントです。

photo.jpg

photo.jpg

ハーバーの絶景を満喫したあと、「香港文化センター」内にある「映月楼」(Serenade Chinese Restaurant)で飲茶しました。有名店ですね。

あれも食べたい、これも食べたい、と注文して、、、どんどん運ばれてきます(汗。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【海外旅行】のページに 思い出の「香港・マカオ旅行」その2 香港観光 を追加しました。

●2021.7/20 【海外旅行】思い出の「香港・マカオ旅行」その1 いざ香港へ

我が家と姉夫婦家族、2家族で総勢7名の香港・マカオツアー、思い出の写真集です。実際に旅行した年は2011年。10年経過しての作成には訳があります。最大の理由は旅行中に発生した大災害、東日本大震災です。

香港旅行中にこの悲報を知ることになったのです。帰国後は災害の経過を見守る毎日、旅行記を作成する気にはなれませんでした。もうひとつ、作成開始の理由は、これ以上制作が遅れると記憶が薄れてしまう、、、

10年経過したいま、心の整理がついたためやっと旅行記作成に着手しました。この大災害で亡くなられた皆様には心よりご冥福をお祈りいたします。(本旅行記は我が家の思い出記録として作成しています。)



photo.jpg

photo.jpg

今回の宿泊先はヴィクトリア・ハーバーの北側「九龍」地区にある「シェラトン香港ホテル&タワーズ」です。いちおう一流ホテルです!

おいしいおいしい朝ごはん。ビュフェスタイルです。あれ食べたい、これもいい、と手当たり次第盛り付けているとお皿が一杯に。うーーん、どうしても食べすぎてしまう、、、

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【海外旅行】のページに 思い出の「香港・マカオ旅行」その1 いざ香港へ を追加しました。



●2021.7/14 【山】湖西連峰「普門寺から神石山 、西テラス」ササユリを求めて

神石山のササユリと普門寺の紫陽花見物を兼ねて西テラスルートのショート周回コースです。ササユリはテラスへの下りの途中に群生がありました!

薄日はさすもののずっと曇り、今日は涼しく歩くことができました。これからの季節の低山は曇天に限りますね!


普門寺の駐車場に到着。今日はここから周回します。内門の床に「レインアート」がありました。水打ちすると文字や絵が浮き出てきます。風車もきれい!

photo.jpg

photo.jpg

神石山の山頂広場はかなり混雑していましたので、さっさと記念撮影して、、、広場を立ち去りましょう!

頂上広場から直接西テラスに向かいます。3分ほど下れば高圧線の鉄塔。これをくぐって更に下れば、、、鉄塔の下にササユリ発見! 本日の目的達成。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 【山】湖西連峰「普門寺から神石山 、西テラス」ササユリを求めて を追加しました。



●2021.7/7 【山】栃木県「鬼怒沼と鬼怒沼山」

前から気になっていた奥鬼怒温泉郷。その中でも柴犬の看板犬がいる日光澤温泉へ。そして、尾瀬より高い位置にある高層湿原の鬼怒沼へ。

元気があったので鬼怒沼山まで足を伸ばしたものの、ピークを踏んだという達成感のみ。日曜はお昼から晴れてきて、行きとはまた違った雰囲気を味わえて満足!(登山記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)


鬼怒沼へは女夫渕(めおとぶち)温泉から約4時間の行程です。初日はその中間地点にある日光沢温泉まで入って宿泊します。

photo.jpg

photo.jpg

翌朝、鬼怒沼へ。約2時間で到着、霧に包まれ幻想的な雰囲気です。

鬼怒沼を通過し、鬼怒沼山に向かいました。山頂は残念ながら眺望はありませんでした。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 栃木県「鬼怒沼と鬼怒沼山」 を追加しました。



●2021.7/1 【遠州東海】「イプシロン 2021年6月のディナー」

浜松市北区三方原のイタリアン+フレンチレストラン「リストランティーノ・イプシロン」、記録としてのお料理アーカイブです。今回は¥3,000のディナーコースをご紹介します。 新型コロナウィルスによる外出自粛により、前回の食事から1年弱も経過してしまいましたが、久しぶりにイプシロンの芸術的なお料理を堪能しました。

なお、料理が運ばれてきたあと、奥様が詳しく説明してくださるのですが、すべて覚えきれなくて下記の説明文の内容の間違いがあるやもしれません。ご容赦ください。

photo.jpg

photo.jpg

アミューズ、前菜、パスタに続き魚料理です。アユのコンフィ、9時間かけて低温加熱するのだそうです! 頭から尻尾の先まですべていただきました。

肉料理が苦手ですので代わりの料理をお願いしました。これが、すごい! アンコウのソテー、ポテトスライスに乗せて、クリームソースとイカスミ

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 「イプシロン 2021年6月のディナー」 を追加しました。



●2021.6/27 【遠州東海】「可睡ゆりの園」

袋井・森町エリアには花の名所がたくさん。初夏になればショウブ、キキョウなどが満開を迎え頃、各地から多くの花のニュースが流れてきますが、ユリは多くありません。ここ「可睡ゆりの園」は3万坪という広大な敷地に数え切れないほどのユリが一面に咲きそろいます。間もなく満開を迎えるころの訪問です。

可睡斎で精進料理をいただいたあと、引き続き可睡ゆりの園へやってきました。久しぶりの訪問です。

photo.jpg

photo.jpg

入門すると、いきなり色とりどりのユリ!!

そして、圧巻の黄色いユリ園!!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海】のページに 「可睡ゆりの園」 を追加しました。



●2021.6/23 【遠州東海グルメ】「道友のデザート・シフォンケーキ」

「道友のデザート・オリジナルシフォンケーキ」が始まりました。道友では、定食類には食後の飲み物が付きますが、このケーキが食後のデザートにピッタリ。

食前に、あるいは食後にレジ横の陳列棚で現物をながめながら7種類ほどの中なら食べたいシフォンケーキを選びます。

photo.jpg

photo.jpg

食後の珈琲(食器はナルミのボーンチャイナ!)とブルーベリーのシフォンケーキ。ふわふわでおいしい! もちろんテークアウトでお土産分も購入しました!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海グルメ】のページに 「道友のデザート・シフォンケーキ」 を追加しました。



●2021.6/21 【遠州東海グルメ】遠州三山「可睡斎の精進料理」

可睡斎(かすいさい)は静岡県袋井市の北部にあり、曹洞宗、山号は萬松山、本尊は聖観世音菩薩。創建は1401年で開山は如仲天ぎん禅師。寺の名称は徳川家康が命名。

年間を通じて精進料理を提供(要予約)していますが、春先から初夏までは予約なしのお得な精進膳をいただくことができます。

食事会場は大広間。美しい庭園を眺めながら食事を楽しめます。

photo.jpg

photo.jpg

精進料理「ゆり膳」です。予約不要ですが5月下旬から6月下旬までの期間限定メニューです。拝観付きで1,500円。

左上から、「がんもどきと野菜の煮物」「ゆりの根の天ぷら、コーン、そら豆」

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【遠州東海グルメ】のページに 遠州三山「可睡斎の精進料理」 を追加しました。



●2021.6/19 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その3

美ヶ原(うつくしがはら)は長野県松本市の東に位置する高原。標高は2,000mあり一面の草原、また、アルプスの展望台。日本百名山の3分の1を眺めることができます。八ヶ岳中信高原国定公園、日本百名山の一つ。(6月5日の訪問記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)

夕食を食べていたら日の入りの時間になったので中座。コース料理を中断してくださいました。

徐々に八ヶ岳の空も染まっていきます。

photo.jpg

photo.jpg

夕食に戻ったら今度は夕焼けが真っ盛り!

素晴らしい夕焼けですね!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その3 を追加しました。



●2021.6/16 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その2

美ヶ原(うつくしがはら)は長野県松本市の東に位置する高原。標高は2,000mあり一面の草原、また、アルプスの展望台。日本百名山の3分の1を眺めることができます。八ヶ岳中信高原国定公園、日本百名山の一つ。(6月5日の訪問記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)

王ヶ頭ホテルに到着です。このホテルは美ヶ原の山頂(最高地点)にあるリゾートホテル。

泊まった部屋は和室のシングルユース。窓からは素晴らしい眺めでした。

photo.jpg

photo.jpg

お待ちかねの夕食、王ケ頭ホテルの名物、フルコースです!

前菜6品、ワイン、チーズ茶碗蒸し。見た目も美しく、豪華です!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その2 を追加しました。



●2021.6/14 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その1

美ヶ原(うつくしがはら)は長野県松本市の東に位置する高原。標高は2,000mあり一面の草原、また、アルプスの展望台。日本百名山の3分の1を眺めることができます。八ヶ岳中信高原国定公園、日本百名山の一つ。(6月5日の訪問記 by Hidecat、WebPage by Zaucats)

運良く王ヶ頭ホテルのソロプランが空いていたので美ヶ原へ。初日は天気に恵まれ絶景パノラマを楽しめました。

山本小屋「ふるさと館」からスタート。まずは牛伏山へ。

photo.jpg

photo.jpg

牛伏山の山頂(といってもなだらかな丘0からは360度の展望です。

穂高連峰と槍ヶ岳、常念岳がくっきり見えます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 【山】「美ヶ原と王ヶ頭ホテル」その1 を追加しました。



●2021.6/8 【山】静岡県浜松市「富幕山・花めぐり」

春の野にいでて花を愛づ。春の富幕山、花を見て回りました。歩いている時間よりも、立ち止まって花を探し撮影する時間のほうが長かった。おかげで、たくさんの花に出会えました。(3月31日の登山記)

奥山高原の駐車場を出発。今日は第3駐車場が満車かもしれないと思い、第1駐車に駐車しました。もう、駐車場前は花でいっぱい!! トキワマンサクと桜です。

花が見つかれば立ち止まって眺めます。なかなか前に進まない。

photo.jpg

photo.jpg

林道と交差すれば展望台まであと少し。でもまた花を見つけた。

梅のような形の黄色い花。ミツバツチグリ。キジムシロでもオヘビイチゴでもありません。葉の形が違う。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「富幕山・花めぐり」 を追加しました。



●2021.6/1 【山】静岡県浜松市「さわやか霧山ウォーキング」

2度めの霧山訪問です。かわな野外活動センターの第1駐車場を起点に、さわやか青空のもと、前回とは逆回りで霧山ウォーキング、今回はしっかり三角点をタッチしました。静かな「かわな野外活動センター」、今回も「YAMAP 近くにいた人」ゼロでした。

第1駐車場を出発! 今日の駐車は2台でした! 

宿泊棟「ほおじろ」のすぐ横に「冒険トレッキングコースA」の入り口があります。ここから登山開始します。急な階段からスタート。

photo.jpg

photo.jpg

霧山の山頂西側には草原が広がります。高圧線鉄塔の先に富幕山、左は尉ヶ峰。

日差しが暑いので日陰でお昼ご飯、いつものおにぎりです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「さわやか霧山ウォーキング」 を追加しました。



●2021.5/27 【山】静岡県浜松市「川名の里から霧山へ」

浜松市川名の里にある福満寺薬師堂前の「川名農村公園」駐車場を起点に「東大だ沢」ルートで霧山山頂へ。途中の茶畑は感動ものの絶景でした。下山はかわな野外活動センター経由で林道を里まで降りました。

旧道沿いにある福満寺薬師堂・伊豆神社前の「川名農村公園」駐車場を出発! ここは伝統行事「川名ひよんどり」は有名ですね。

photo.jpg

photo.jpg

登山道か沢か分からないようなルートをしばらく進み、やっと林道に合流しました。右に進むと、、、うわー、いきなり目の前に広がる凄い絶景。ここでお昼ご飯、いつものおにぎりです。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「川名の里から霧山へ」 を追加しました。



●2021.5/22 【山】静岡県浜松市「観音山」

観音山は、青少年野外活動の場として山全体にハイキングコースが張り巡らされています。また随所にポイント番号の立て札があり、地図に照らし合わせれば迷うことはありません。今回は最もポピュラーな周回コースで登りました。

対面する霧山から眺めた観音山です。中腹の建物は登山の起点となる「観音山少年自然の家」。

photo.jpg

photo.jpg

出発して1時間40分ほどで山頂に到着しました。しかし木に覆われて眺望がまったくありません。お昼はいつものおにぎり。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「観音山」 を追加しました。



●2021.5/18 【山】静岡県浜松市「三岳山と三岳神社の急階段」

寒波到来で雪が舞う中、三岳山に登りました。2度目なので途中の撮影も少なく、休憩を含めて往復1時間かからず。 少し物足らないので、三岳神社の参道急階段に挑戦しました。もし下りで転んだら大怪我しそうなゴツゴツした岩の急な階段を慎重に下りました。(2月18日の登山記です)

いつものように三岳神社の駐車場に車を停めて出発!

20分ほどの登りで山頂です。

photo.jpg

photo.jpg

ここから今日のハイライト。下山後、三岳神社の急峻な参道階段に挑戦します。まず慎重に下ります。たいへん歩きにくい階段です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「三岳山と三岳神社の急階段」 を追加しました。



●2021.5/14 【山】「GWの上高地・雪かぶる穂高」

未明に自宅を出発し、長い道のり、やっと上高地バスターミナルに到着しました。(ヒデ君レポートです。Zaucats代筆。)

まっすぐ梓川の河岸道へ。素晴らしい快晴! 往路の疲れが吹き飛びました! 年間を通じてもっとも人気の高いシーズンはゴールデンウィークなんだそうです。

明神に到着しました。明神館の前はハイカーでにぎわっています。橋を渡り、嘉門次小屋の前を通って明神池に向かいます。

photo.jpg

photo.jpg

明神池から流れ出る清らかな水は下流で梓川に合流します。流れに沿って川を下ります。岳沢湿原に向かいます。途中、おサルさんたちが先導してくれました!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 「GWの上高地・雪かぶる穂高」 を追加しました。



●2021.5/7 【山】遠州森町「町民の森から八形山へ」

森町町民の憩いの場、自然あふれる「町民の森」を歩きました。隣接する八形山にも登り、稜線からの素晴らしい眺望を満喫しました。

森町「町民の森」南駐車場に車を停めました。15台くらい停めれそう。新東名「遠州森町PA」から数分の至近です。ゴールデンウィーク中とあって、ほぼ満車でした。

車道を進み、歩道橋をくぐったところで山道の入り口です。ここから山道に入ります。階段を登ったところが八形山の登山口です。蓮華寺から大洞院を結ぶ「歴史の散歩道ハイキングコース」です。途中から合流する形になります。

photo.jpg

photo.jpg

山頂に到着です。途中で脇道に入ったりしましたが、南ゲートを出発して50分ほどでした。引き続き稜線の縦走を続けます。今日の目的地はこの先にありますので。

山頂から10分ほどで、今日の目的地に到着! なんと表現しましょうか、、、森林限界です。あるいは禿山。まったく草木が生えていない裸地です。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 遠州森町「町民の森から八形山へ」 を追加しました。



●2021.5/1 【山】静岡県浜松市「霧山 周回ハイキング」

霧山(きりやま)標高430mの中腹にある大規模施設「かわな野外活動センター」の駐車場を起点として、活動センター内をぐるっと一周し、途中で霧山の山頂を踏みました。

約3時間30分かけてのんびりハイキングです。なお、駐車場から霧山山頂まで往復するだけなら1時間もあれば充分です。

かわな野外活動センターの第一駐車場に車を停めさせていただきましたが、平日のため駐車場は空っぽでした。本日のハイカーは他に誰もいないようですね。さて、広大なセンター内の地理を把握するために地図を手に入れたい。

photo.jpg

photo.jpg

センター内のトレッキングコースはよく整備されていて、歩きやすい。

見晴台から15分程で霧山の山頂に到着しました。山頂は広場になっています。そして巨大な高圧線の鉄塔が建っています。正面に富幕山を眺めながら、ベンチに座ってお昼ご飯にしました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 【山】のページに 静岡県浜松市「霧山 周回ハイキング」 を追加しました。



< 続きはバックナンバーをご覧下さい >

Ads by Google

zekkei-s.jpg
1300項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ