最新の記事
●2019.9/18  遠州東海グルメ「こくりこ 大山店でランチ」

久々に「こくりこ大山店」でランチしました。先日は宮川大輔さんとゲストの村上佳菜子さんによる料理紹介番組「満天☆青空レストラン」にオーナーご夫婦が出演され、「三方原馬鈴薯のコロッケ」の作り方を紹介されていましたね。

さて今日は入り口に掲載されていた黒板メニュー「本日のオススメ」から2品を注文しました。

こちらは「海老&キスフライカレー」(¥950 税込)です。サラダや味噌汁も付いて、定食になっています。カレールーはじっくり煮込み系でお気に入り、辛すぎません。フライはサクサク、そして鮮度は抜群です。舞阪漁港から直接仕入れているということも聞いたことがあります。さすがの味ですね。

photo.jpg

photo.jpg

こちらはテレビで紹介された「三方原馬鈴薯のコロッケ」をメインにしたランチ「梅しそごはんと三方原産じゃがいもコロッケ定食」(¥1,000 税込)です。

コロッケの具はじゃがいもとゆで卵が半々。見た目以上にボリュームがあります。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「遠州東海」ページに 遠州東海グルメ「こくりこ 大山店でランチ」 を追加しました。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたらクリックをお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ
絶景かなドットコム - 関連コンテンツ
これまでの記事
●2019.9/16  遠州東海グルメ「道友で夕食」

「道友」といえば、お得で美味しくてボリューム感のあるランチメニューに定評がありますが、今回は夕食で伺いました。

開店時間の直後に伺ったため席はまだ埋まっていません。席のタイプは自由に選べました。

さっそくメニューを拝見、定食のページから選びます。道友で定評があるのはなんといってもお魚。しかし天ぷらも食べたいし、ということで「お寿司定食」(¥1,300 税別)を注文することにしました。

photo.jpg

photo.jpg

こちらが「お寿司定食」。にぎりが八巻と天ぷら盛り合わせ、茶碗蒸し、味噌汁。また食後にコーヒーor紅茶も付いてこの値段。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「遠州東海」ページに 遠州東海グルメ「道友で夕食」 を追加しました。



●2019.9/13  「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その5

<登山コースで出会った植物・生物>

柏原新道から登り始め、爺ヶ岳を経由して鹿島槍ヶ岳に登頂しました。

好天にも恵まれ、登山路脇のたくさんの植物のみならず鳥やサルにも出会うことが出来ましたので写真でご紹介します。(ひで君レポート、zaucats代筆)

いくつかの花は未同定です。名称確定には時間を要します。分かり次第、順次掲載していきますのでしばらくお待ち下さい。

カライトソウ(唐糸草) バラ科 ワレモコウ属。柏原新道、ケルンの手前で。

photo.jpg

photo.jpg

アキノキリンソウ(秋の麒麟草) キク科 アキノキリンソウ属。これもケルンの手前で。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その5 を追加しました。



●2019.9/11  「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その4

<冷池山荘から扇沢へ下山>

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 登山の第二日目です。今日は冷池山荘から爺ヶ岳を越え、柏原新道を経て扇沢に下山します。(ひで君レポート、zaucats代筆)

小屋を出るときの鹿島槍。空は高い雲に覆われていますが、東の空は日の出の朝日で赤らんでいます。昨日はガスが湧き上がって南峰と北峰を同時に見ることが出来ませんでしたが、今日は鹿島槍の全容が見えています。さあ、出発!

西を眺めると青空も見えています。立山剣もバッチリ。今日の天気は大丈夫そうですね。下界は雲海で覆われています。

photo.jpg

photo.jpg

剣に向かってまっすぐ流れていく沢は「棒小屋沢」ですね。黒部峡谷の下ノ廊下に合流します。合流地点は有名な「十字峡」です。剣沢からの流れ、爺ヶ岳からの流れ、黒部ダムからの流れ、以上の3つの流れが合流し日本海に流れていきます。

爺ヶ岳北峰から種池山荘に下ります。7時を回ったところで立山・剣にも朝日が当たってきました! 美しい!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その4 を追加しました。



●2019.9/8  「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その3

<冷池山荘から鹿島槍へ>

さて、今日の宿として事前予約してある冷池山荘に入って大休止です。当初の予定ではこの小屋までが一日目の行程でしたが、停滞前線もあり明日の天候がどうなるかわからない。

比較的早めに爺が岳を踏破できたこともあり、今日中に鹿島槍を往復することにしました。重い荷物を小屋に預け、身軽になってさあ出発。(ひで君レポート、zaucats代筆)

岩場もなく歩きやすい稜線です。鹿島槍ヶ岳は五竜や八方あたりから遠望すると「岩稜の険しい山」というイメージですが、稜線経由で登頂すれば天空漫歩のラクラクなトレッキング気分で登れる山なんですね。

photo.jpg

photo.jpg

ほどなく山頂に到着です。冷池山荘を出発して1時間45分ほど。鹿島槍の稜線から山頂にかけて赤茶けた岩が細かく砕けたガレ状態です。冷乗越から東に伸びる尾根の名称「赤岩尾根」の由来になっています。

北峰から北に伸びる「八峰(はちみね)」は急峻な岩稜の上り下りが続く難所です。五竜岳に至ります。似た名前で剣岳北尾根の「八ツ峰(やつみね)」がありますが、カタカナ「ツ」が入ります。なお「大キレット」、「不帰ノ嶮(かえらずのけん)」、「八峰キレット」は日本三大キレットと呼ばれています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その3 を追加しました。



●2019.9/6  「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その2

<種池山荘から爺ヶ岳へ>

種池山荘で稜線上の眺望を楽しんでしばし休息をとった後、爺ヶ岳の向けて出発。南峰まで1時間のコースタイム(ヤマケイ)ですが、急登もないのでもっと早く登れそう。(ひで君レポート、zaucats代筆)

山頂までずっと歩きやすい整備された道です。

振り返ると、種池山荘の後ろに剱岳が!!! 素晴らしい青空、秋雨前線は一体どこに行ってしまったのでしょうか。

photo.jpg

photo.jpg

雲湧く鹿島槍ヶ岳が見えてきました。稜線の西側は快晴、東側は雲がわきます。夏季に特有の現象ですね。冷池山荘から布引山に続く登山道、さらに鹿島槍南峰へのルートもはっきり見えています。東尾根は荒々しいですね。

種池山荘を出発して40分ほどで爺ヶ岳南峰(2,660m)に到着! うしろに剱岳が見えています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その2 を追加しました。



●2019.9/5  「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その1

新宿発の夜行バスで扇沢へ。未明に到着です。昼間は賑わう扇沢ターミナルも夜明け前の朝5時に人影はありません。ここで針ノ木岳に向かう登山者と爺ヶ岳に向かう登山者は別れます。針ノ木岳へはターミナル駅舎の左側を登っていきます。一方、爺ヶ岳登山口は来た道を10分ほど戻ります。(ひで君レポート、zaucats代筆)

前日の天気予報では秋雨前線が本州中央を横断滞留し、悪天の予報だったのですが、今日になってみると予報はハズレてラッキー!、青空も見えています。予報を信じて登山をキャンセルした人が多かったそうです(あとで山小屋情報)。

さあ、装備を整えて登山開始、種池山荘まではコースタイム3時間30分の登りです。最初の1時間は急勾配のためゆっくり登ります!

photo.jpg

photo.jpg

登山開始からちょうど1時間弱、ケルンの手前で視界がひらけました。扇沢ターミナルの建物と駐車場、眼下には今登ってきた柏原新道の入口にあった砂防堤、そして奥には朝日の当たる針ノ木岳(2,821m)とスバリ岳(2,752m)が見えました!

右に連なる稜線の先はなだらかな裾広がりの赤沢岳(2,678m)。針ノ木雪渓の残雪はわずかですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳 縦走」その1 を追加しました。



●2019.9/3  遠州東海グルメ「四川飯店」西塚店

「四川飯店」は中華の鉄人 陳建一氏の味を受け継ぐ、本格的な四川料理の店。西塚店はサーラ・ガスビル内にあります。

8月のある日のランチです。こちらが今週の「ウィークリーランチ」、メイン、サラダ、香の物、ライス、そしてデザートのセットで¥1,000(税別)の人気メニューです。週替りでメインが変わります。

photo.jpg

photo.jpg

メインは2種類用意されています。こちらは「鶏肉とピリ辛マヨネーズソース」。鶏肉と玉ねぎやキノコなどの野菜がからしマヨネーズであえてあります。唐辛子もピリッと効いて、甘辛でご飯が進みます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「国内旅行」ページに 遠州東海グルメ「四川飯店」西塚店 を追加しました。



●2019.9/1  駒ヶ根グルメ「明治亭のソースカツ丼」

宝剣岳への登山を楽しんだあと、ロープウェイとバスを乗り継いで菅の台バスセンターまで戻ってきました。「昼食はソースカツ丼!」で全員一致、歩いて数分のところにある「明治亭・中央アルプス登山口店」へ。

午後2時を回っていたので席は空いているだろうと思ったのがとんでもない。人気店なのですね、こんな時間でも満席。20分ほどで呼ばれました。

さて、今回いただいたソースカツ丼はこちら。まずはオーソドックスな「ロースソースカツ丼」(¥1,340 税別)国産ロース 160g、味噌汁と漬物がついています。

photo.jpg

photo.jpg

運ばれてきたときがこの形。ちょこんと帽子のように載っています。このフタは飾りでしょうか?

いえいえ、このフタはお皿として使います。いったんカツをお皿に移動し、丼のキャベツ面をあらわにします。でないとご飯まで箸が届きませんから。それにしてもすごいボリューム感、山から降りてきてエネルギー欠乏状態の山男・山女(最近は山ガールと呼ぶんだそうですね 汗;)にはちょうどいい!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「国内旅行」ページに 駒ヶ根グルメ「明治亭のソースカツ丼」 を追加しました。



●2019.8/30  「谷川岳の高山植物」

谷川岳の天神平は高山植物のお花畑で有名です。また山頂に至る登山路の脇にも多くの高山植物を見ることが出来ます。ここでは、今回の登山で見つけた花々をご紹介したいと思います。

なお、現時点で名前のわかってない花もいくつかありますが、同定でき次第アップデートする予定です。

ハナニガナ。キク科、7個から10個の黄色い花弁の先はギザギザ。

photo.jpg

photo.jpg

谷川岳山頂の直下「肩の小屋」前は広場になっていて、大勢の登山者が休憩しています。また、あたりは一面の草原、この付近で見つけた高山植物は、、、

ハクサンフウロ(白山風露)、鮮やかな赤紫色がひときわ目を引き、人気の花です。伊吹山から東北まで、雪渓の周辺に生育します。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「谷川岳の高山植物」 を追加しました。



●2019.8/29  「谷川岳 登山記」

谷川岳は群馬県と新潟県の県境にあり、一ノ倉沢の岩壁で有名な山ですが、一般登山はロープウェイが利用できるので比較的楽に登れ、日帰り登山が可能です。山頂には猫の耳にたとえられる2つのピークがあります。また日本百名山のひとつです。(ひで君レポート、zaucats代筆)

上越新幹線の「上毛高原駅」に早朝着、都心から1時間少し。「谷川岳ロープウェイ」行きのバスに乗ります。約50分でロープウェイ乗り場「土合口駅」です。定員は22名、中型のゴンドラですね。標高1,319mの「天神平駅」まで高低差573mを7分で登ります。

ロープウェイを降りたところは天神平。冬季はスキー場になります。ここからさらに上に登るリフトも運行していますが、これは利用しません。谷川岳へのコースはここがスタートポイント。

photo.jpg

photo.jpg

谷川岳は山頂が2つある双耳峰です。それぞれ「トマの耳」(1,963m)、「オキの耳」(1,977m)と名付けられています。遠くから見るとネコの耳に似ているんだとか。

1つ目の山頂「トマの耳」に到着。うゎ! すごい人口密度! ガスの合間にオキの耳もちらっと見えています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 「山」ページに 「谷川岳 登山記」 を追加しました。



●2019.8/26  京都観光、祇園祭「山鉾巡行の最後尾は?」

前祭も、後祭も、山鉾巡行の最後尾、といえばパトカー。警備のために付いて走っています。警備、お疲れ様です。

いや、他にも車が何台か。高所作業車です。これらは「祇園祭 交通信号作業車」です。目抜き通りの通行止めを最短時間で終わらせるため、巡行列が通り過ぎた直後、すぐに交通信号機の転回作業を行うのです。

山鉾は背が高いため、道路の中ほどまでせり出した信号機に当たります。そのため巡行列がやってくる直前に回転式信号機を回して道路奥に引っ込め、巡行列が通過した直後にもとに戻します。さあ、回転作業が始まります。

photo.jpg

photo.jpg

クレーンに乗った2名の作業員が手動で「よいしょ」と信号を動かします。

作業完了。通りのすべての信号機をこのように回転してもとに戻すのです。一つ一つの作業時間はわずか。あっという間に四条通の信号機はもとに戻り、通行規制は解除されました!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1310] 絶景かなドットコム 京都観光「歳時記」ページに 京都観光、祇園祭「山鉾巡行の最後尾は?」 を追加しました。



●2019.8/24  遠州東海グルメ、竹泉の「鱧かば丼」

鱧(はも)といえば京都の夏の名物のように思われていますが、実は遠州灘がハモの特産地であることはほとんど知られていません。従来、水揚げされたハモのほとんどは京都に出荷されていました。

こちらが「鱧かば丼」弁当です。市内の遠鉄ストアで販売されています。数量限定なので午前中に売り切れてしまうところがほとんどですが。ハモのレシピは店舗ごとに違うそうです。竹泉では、ハモをまず唐揚げして、その後、蒲焼のタレにからめてあります。サイズ的にはやや小ぶり。

photo.jpg

photo.jpg

京都のハモ料理人は「骨切り」が出来て一人前ですが、今回は専用の骨切り機を用意して敷居を下げたそうです。全国でも最も早い3月から5月にかけて水揚げされたハモを用いて調理されます。ハモのまわりには刻んだパプリカとキノコ、そしてハモの下にはスクランブルエッグがびっしり敷かれています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 遠州東海のページに 遠州東海グルメ、竹泉の「鱧かば丼」 を追加しました。



●2019.8/23  京都グルメ、 讃兵衛・大丸京都店「はも天丼セット」

「讃兵衛」(さんべえ)は、こしのある讃岐うどんと、鰹と昆布ダシを活かした関西風のつゆが自慢のファミリー向けレストラン。各種どんぶりなどとのセットメニューが豊富。京都、神戸、札幌の各大丸百貨店内、および成田空港、福屋広島駅前店の計5店舗があります。

祇園祭の後祭を観終わったあと、お腹が空いて「さて、どこで昼食しよう?」と、四条通を歩いていたところ、大丸京都店の前に。こちらのレストランフロアには入ったことがないので一度挑戦、ということで上がってみるとすごい数の順番待ち行列ができていました。

photo.jpg

photo.jpg

どこに入ろうかと店頭メニューを見ていたところ、目に入った「はも」の文字。讃兵衛では祇園祭の期間中(おおむね前祭の曳き初めから後祭の日まで)のみ「はも天丼とざるそばセット」(¥1,500)という限定メニューがあるのです。早速注文!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・[1309] 絶景かなドットコム 京都グルメのページに 京都グルメ、 讃兵衛・大丸京都店「はも天丼セット」 を追加しました。



●2019.8/21  「尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 登山記」

燧ヶ岳は、尾瀬ヶ原の正面にそびえるシンボル的な山。東北地方の最高峰です。登山ルートには小屋などまったくありませんので一日で登り終える必要がありヘビーなコースです。(ひで君レポート、zaucats代筆)

未明に自宅を出発、関越自動車道経由で戸倉駐車場まで。鳩待峠にはバスを利用しました。シーズン中は鳩待峠に一般車は入ることはできませんので。今回は峠から「山の鼻」まで下り、次に「尾瀬ヶ原」を抜けて「燧ヶ岳」のふもとに入り、その後、燧ヶ岳の山頂を目指す予定です。

燧ヶ岳を正面に眺めながら、一路、登山口のある「見晴」を目指して尾瀬ヶ原を縦断します。遠くかすんで見える山が燧ヶ岳です。

photo.jpg

photo.jpg

歩いただけ燧ヶ岳は大きくなります。4月末にここを歩いたときは一面残雪で真っ白だったのですが。

燧ヶ岳のふもと「見晴(みはらし)」の山小屋が見えてきました。見晴地区には6軒の山小屋が集まっています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 登山記」 を追加しました。



●2019.8/19  京都グルメ、六盛の「手まり寿司」

ピンクの風呂敷に包まれた小さなわっぱ弁当。手まり寿司が7個入っています。

よく似たお弁当におかず付き2段重の「手まり寿司弁当」がありますが、あちらは手まりが7個です。鯛昆布〆 3貫、煮穴子 2貫、海老 2貫、スモークサーモン 2貫(購入 2019年7月、¥1,260 税込)

photo.jpg

photo.jpg

お寿司はそれぞれ見た目も美しい、そして食べやすいひとくちサイズです。車中の軽いお食事用にぴったりですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都グルメのページに 京都グルメ、六盛の「手まり寿司」 を追加しました。



●2019.8/18  京都グルメ、六盛の「鱧まぶし弁当」

京都の夏はなんといっても「鱧 - はも - ハモ」 祇園祭を見学した帰り路、デパ地下で六盛の「鱧まぶし弁当」を買って新幹線に乗りました。(購入 2019年7月)

左には八寸に相当する惣菜がぎっしり詰められています。

photo.jpg

photo.jpg

炊合せとして、里芋、冬瓜、オクラ、花麩、ナス、コンニャクなど。加えて、合鴨スモーク、薩摩芋甘露煮、出し巻、白和え。味付けはもちろん料亭の味。あーおいしかった!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都グルメのページに 京都グルメ、六盛の「鱧まぶし弁当」 を追加しました。



●2019.8/17  「木曽駒ケ岳 登山記」

Zaucats> 家族全員で登った千畳敷・宝剣岳ですが、年令による体力差は歴然、日頃から山行を続けているHide君は年寄りの2倍の速さで歩けますので、上記「行程」のうち、「木曽駒ケ岳往復」をコースに追加し別行動となりました。

このページではHide君の一眼レフによる木曽駒の写真を中心に紹介し、他の行程の部分もHide君カメラによる上質な写真を合わせて掲載したいと思います。以下、Hide君レポートです。

中岳の山頂経由で木曽駒ケ岳に向かいます。すばらしい青空、なだらかで広い快適な稜線漫歩ですね。今回こそは360度の眺望とともに山頂を踏めそうです。昨年、一昨年と木曽駒を目指したのですが、どちらも悪天候のためこのような景色を見ることができなかったのです。

photo.jpg

photo.jpg

中岳山頂ルートはなだらかな登り。あっという間に山頂に到着です。山頂は広く、祠がいくつか建っています。北を眺めれば遠く御嶽山が見えています。

木曽駒は信仰登山の山でもあります。木曽駒ケ岳神社、奥の院です。途中、白装束の皆さんとすれ違いました。あの方たちはこちらにお参りされてきたのですね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「木曽駒ケ岳 登山記」 を追加しました。



●2019.8/13  「中央アルプスの高山植物」

千畳敷は、その雄大な景観とともに、可憐な花々が登山者の目を楽しませます。

乗越浄土に向かう途中、登山路の脇で見つけた高山植物をご紹介します。以前の調査報告によると150種類弱の高山植物が記録されているようですが、そのいくつかを。

ヨツバシオガマはやや湿ったところに生える高山植物です。

photo.jpg

photo.jpg

ヨツバシオガマの拡大写真。濃い赤紫の部分が野鳥の頭に似てますね。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「中央アルプスの高山植物」 を追加しました。



●2019.8/11  「千畳敷から宝剣岳に登る」その3

乗越浄土で充分な休憩をとった後、下りのロープウェイが込み合う昼前に乗車できるよう早めに下山します。たくさん見える登山者はほとんどが登り。この時間でもたくさん登ってくるんですね。登山渋滞に巻き込まれそう(汗)。

下り始めてすぐに目に飛び込む光景、お気に入りの一枚です。伊那前岳の岩峰と、下に広がる千畳敷カール、絶景ですね!

八丁坂の登りは暑さ対策に失敗してややバテ気味でしたが、下りは快調。

photo.jpg

photo.jpg

ガスが下から湧いてきていますね。ロープウェイ乗り場から下はもう見えなくなっています。早めの下山が正解でした。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「千畳敷から宝剣岳に登る」その3 を追加しました。



●2019.8/8  「千畳敷から宝剣岳に登る」その2

休憩をとった後、いよいよ宝剣岳をめざして出発します。以前は通常の登山ルートでしたが、現在は上級コースに指定されています。乗越浄土までやってきた一般ハイカーが安易に宝剣岳を登らないようにという配慮でしょうか。今回で4度目の登頂で慣れたコースとはいえ鎖場の連続ですので気を引き締めてアタックします。

登り始めはなだらかな岩場。山頂までは標高差がたったの70m程ですが、頂上に近づくに連れて切り立っていきます。

photo.jpg

photo.jpg

登りの後半はロッククライミングですね。山頂までずっと鎖場が続きます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「千畳敷から宝剣岳に登る」その2 を追加しました。



●2019.8/6  「千畳敷から宝剣岳に登る」その1

8月4日、家族全員揃って中央アルプス「宝剣岳」に登りました。前回登ったのは1997年ですので、なんと22年ぶり。子どもたちは成長したので体力的にOK。問題は親ですね。さあ、登れるかどうか。

ホテルに前泊して朝一番の路線バスを利用する予定でしたが不測の事態発生! 前日の大雨によって雨量が警戒レベルを超えてしまったため、ロープウェイ乗り場のある「しらび平」への道路が閉鎖されました。

6時に道路の安全確認が終わりバスの運転が再開されたとの連絡が入り、さっそくバス停へ。ホテルの前にバスがやってきたのは6時20分です。

photo.jpg

photo.jpg

しらび平では待つことなくロープウェイが入ってきました。この時点でロープウェイはすでに9分間隔のピストン運転になっていました。60人乗りですので、バス1台分の乗客は楽に全員乗れます。

千畳敷では一歩建物の外に出るや、皆さん「うわぁ!!」っと歓声を上げます! 青空のもと千畳敷カールの大絶景です。正面には目指す宝剣岳。この場所に立つのは5回目ですが、何度見ても感動します。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 山のページに 「千畳敷から宝剣岳に登る」その1 を追加しました。



●2019.8/2  京都観光、祇園祭2019「後祭の山鉾巡行」その2

祇園祭「後祭の山鉾巡行」を見学しましたのでシリーズでご紹介します。

3番めにやってきたのは鯉山です。「登竜門・コイの滝のぼり」が由来の舁き山。

山の上には跳ね回る巨大なコイの像が祀られていますが、道路脇から眺めるのはむつかしいですね。そばでじっくり眺めたい方は宵山の会所でどうぞ。

photo.jpg

photo.jpg

鯉山といえば一番の話題は歴史的懸装品ですね。こちらも鯉山の会所でしっかり見学することができます。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

・絶景かなドットコム 京都観光「歳時記」ページに 京都観光、祇園祭2019「後祭の山鉾巡行」その2 を追加しました。



< 続きはバックナンバーをご覧下さい >

Ads by Google

zekkei-s.jpg
1200項目以上の
京都総合目次はこちら
kyotokankoindex-s.gif
サイト内検索

gourmet.gif

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら
クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ 人気ブログランキングへ

back-to-top.jpg
トップへ